車売る

車売るのはどこがいいの?

愛車を売るなら、少しでも高く売りたいと考える筈です。
車を売る一般的な方法として、下取と買取があります。
車の下取とは、今乗っている車を販売店で売り、その販売店で買う新しい車の購入資金にする事です。
一方車買取とは、購入する車に関わらず、買取ってもらう事です。
新車ディーラー等、販売店は、新しい車の値引きと買取額を合計した金額を、下取り額としています。
例えば車の下取り額が30万円の場合、査定額が20万円、新しい車の値引き額が10万円、というケースです。
販売店は車を売ることが本業ですので、相場より安い金額で査定額を出している事も少なくありません。
その点は車買取の専門業者なら、車を買取らないと商売にならず、より適切な査定額を出してくる可能性が高いです。
また、交渉によって相場より高い金額で買い取ってもらえる事も多いです。
車買取の専門業者に査定を依頼する時に、1社だけではなく複数社に依頼する事が肝心です。
それによって、業者間での競争が生まれます。
また、複数社とやり取りをしていると、その時点での自分の車の相場が分かってきます。
でも、1社1社回って歩くのは非常に大変です。
そこで、インターネットを使って一括で査定依頼をするサービスを使うのが便利です。
もちろん、申込みは無料です!
簡単な入力のみで、対応する買取業者に一括査定依頼をし、出張査定に来てもらう事ができます。

その上で各社と交渉し、一番高く買い取ってくれる業者に売るのが良いでしょう。