雨の成り立ち

カテゴリー 未分類

大まかな成因は次の通り。大気中に含まれる水蒸気が、気温が下がったり上昇気流に運ばれたりすることで凝結して、細かな水滴(雨粒)でできた雲となり、雲の中で雨粒が成長し、やがて大きくなった雨粒が地上に落下することで、雨となる。

一般的に、雨を降らせる雲は、気象学上乱層雲、積乱雲、層雲に分類される雲が多く、その他の雲は比較的少ない。雨雲の下端(雲底)の高さは実にさまざまだが平均的には約500m~2,000m程度で、多くの雨粒はこの距離を落下してくる。落下距離が長くなったり、通過する大気中の気温が高いと、雨は落下する途中で蒸発してしまう。このときには、雲の下に筋状の雨跡を見ることができ、これを降水条や尾流雲と呼ぶ。

絶対に検索してはいけないキーワード、というのを時々目にすることがある。

そのワードで検索すると、心を病むような画像が出てきたり、ということだろう。

あるサイトでは、下記の様な忠告が貼られてあった。

表は各種サイトや編集者の体験をもとに作られています。内容に微妙な間違いや偏向、不足などがあり得ます。もしそのようなことが見つかりましたらこの記事の掲示板でご報告ください。

制作者・事件被害者をはじめとするの関係者を誹謗中傷する意思・目的は一切ありません。
この表に乗せられている情報をもとにした掲示板での晒しや中傷、該当HPへの凸、荒らしなどのDQNな行為はしないで下さい。
記事の中、記事の下の掲示板を問わず、検索結果の直リンク貼るのは絶対にNGです。

 

アメリカ合衆国国防長官であるチャックヘーゲル。

父はドイツ系を先祖に持ち、母にはポーランド系とアイルランド系の血が流れているというが、どことなく日本人に似ている気がする。

かつての実業家としての成功も凄い。

3人の仲間とともに携帯電話会社「ヴァンガード・セルラー・システムズ」を起業する。ヴァンガード・セルラー社は携帯電話普及の流れに乗って規模を拡大し、1990年代には大手通信会社の系列に属さない独立系携帯電話会社(キャリア)の中では全米最大の規模を誇るまでになった。ヴァンガード・セルラー社は1999年にAT&Tに買収されたが、ヴァンガード社での成功はヘーゲルを億万長者へと押し上げることとなった。

また、ヴァンガード社の経営にあたる一方で、実業界の様々な業界団体などで公職を務めた。全米サービス産業連盟(USO)や民間企業協議会の会長・最高経営責任者(CEO)を歴任したほか、ジョージ・H・W・ブッシュ政権時代の1990年にヒューストンで開催された主要国首脳会議(G7)では、副事務局長兼最高執行責任者(COO)として活躍した。また、アメリカ合衆国赤十字社や複数のシンクタンク・政治団体(アイゼンハワー世界問題研究所、リポン・ソサイエティ、ブレッド・フォー・ザ・ワールドなど)の理事や顧問、枯葉剤被害調停基金総裁なども歴任している。この他には外交問題評議会にもメンバーとして迎えられている。

神社の社号

カテゴリー 未分類

近世まで、固有名の部分を除いた「神社」「大社」「宮」などの社号に特別な基準はなく、一つの神社が状況によって異なる呼ばれ方をすることもあった。明治時代に神社が国家の管理下に入ると、公認されたもののみが「神社」を名乗り、大社・神宮などを名乗るには勅許などが必要とされた。終戦後には政教分離により国家、皇室が神社に直接関与しなくなったため、特に許可がなくても、大社、神宮を名乗れるようになった。

伊勢神宮に代表される神宮号は7世紀まで遡る古いもので、由緒が皇室神話に関わるごく少数が神宮と名乗ることを許された。明治時代には、単に「神宮」といえば伊勢神宮を指した。明治天皇を祀る明治神宮が創建されると、他の天皇を祀る神社も順次神宮に昇格した。

こうして、歴史上の人物を祀る神社で、天皇を祀るものを神宮、皇族を祀るものを宮、功臣等を祀るものは神社とされたのだという。

父、母ともに医者の家系で、父親は医者だった。父親が子供時代のビネーに解剖用の死体を触らせた事があり、それがトラウマとなって医者への道を断念したとされる。
心理学者となったビネーは病院に勤務したが、そこで師のシャルコーと反対派のナンシー学派の対立に巻き込まれ、勤務している病院を辞める事となった。
知能検査を開発するにあってよく協力した弟子テオドール・シモンとの出会いは、1899年の事だった。
知的障害児施設でインターン中のシモンはビネーに大層気に入られ、ビネーの指示を受けてその施設の入所者を対象に各種検査をしたりもした。
ビネーは知能検査を開発して程なくして死去するが、知能検査は未完成のものだと思っていたため、死の数週間前に「あと5年生きられれば・・・」と話したとされる。
死因は脳卒中ともいわれるが否定論もある。

葛飾の名称は現在の葛飾区の地域固有のものではなく、葛飾とはもともと下総国葛飾郡一帯の広大な地の総称であった。
この場合の「葛飾」とは、中央付近を概ね現在の千葉県市川市付近とし、北を埼玉県北葛飾郡、西を東京都葛飾区や墨田区・江東区の東部、東を茨城県古河市、南を江戸川区や浦安市付近とする一帯で、古くは万葉集などにもその地名が登場している。
なお現在の葛飾区一帯や江戸川区の付近は近世まで「葛西(葛飾の西部の意)」の名称で呼ばれていた地域であり、現在も東西線「葛西駅」、湾岸線「葛西ジャンクション」、「葛西臨海公園」、警視庁葛西警察署等にその名が残る。
なお明治維新直後には、千葉県市川市から船橋市一帯に新行政庁として「葛飾県」が設置されたこともある。

JAROへの

カテゴリー 未分類

JAROへの苦情で多いのは、携帯電話関連の広告だという。
昨年の調べによると携帯電話やソーシャルゲームなどを含む「通信」の分野で286件。
そのうち4割を携帯電話の広告が占めており、その数は前年度比で3倍に達した。
数か月前には高速通信サービスの広告表示で、景品表示法違反にあたるとしてKDDIが消費者庁から措置命令を受けたばかり。
紛らわしさ、競争激化による誇大広告、といった点で見過ごせない状況が続いているのだろう。
携帯電話関連のCMはちょっと見ているのがつらいものもある。
これだけ数が多ければ、仕方ない部分もあるのだろうが。

ローマ生まれ。映画製作者を志してローマ実験映像センターに学んだのち、イタリア式コメディで名を馳せた映画監督ステーノに師事した。
1959年に”I ladri”でデビューし、1970年代後半までコメディーとサスペンス(ジャーロ)映画で一定の評価を得た。
しかし、生来の反骨気質ゆえに1969年の”Beatrice Cenci”や1972年の『マッキラー』といった娯楽映画の中でカトリック教会を痛烈に批判し、扱いづらい職人監督というレッテルも貼られた。
1979年に南国を舞台にしたゾンビ映画『サンゲリア』を監督したことによってフルチの監督人生は180度変わる。
攻撃的な人体破壊シーンと全編を流れる耳障りなノイズは多くのクリエーターに影響を与え、ジョージ・A・ロメロと双肩を成すゾンビ映画監督、もしくはマスター・オブ・ゴアという肩書きを手に入れた。
日本でも多くのビデオが題名に「ルチオ・フルチの~」と冠して発売されるという、大巨匠なみの栄誉に浴している。
ファンの多くは『サンゲリア』『地獄の門』『ビヨンド』を絶頂期の三大傑作とし、続く『墓地裏の家』『ザ・リッパー』と徐々に衰弱して、以降の作品はことごとく失敗作とする意見が多いが、前述の3作品以外にも今尚カルト的人気を誇る作品も少なくない。
娯楽映画の体を成しながら難解な結末が用意されている事が多く、その点で賛否は大きく分かれる。
作品毎に作風が変化してくるところも特徴的だった。

金光庸夫

カテゴリー 未分類

大分県生まれ。
高等小学校を卒業後税務官吏となり、長崎税関、福岡税務署長、熊本税務監督局勤務を経て、1908年鈴木商店に入社する。
1913年には大正生命保険(現・大和生命保険)を創設、社長となる。
その他日本火災海上保険(現・日本興亜損害保険)役員、王子電気軌道社長など多数の企業の社長・役員を兼任し、東京商業会議所副会頭や、国際労働会議(1931年)資本家代表も務めた。
また、1920年に立憲政友会公認で旧大分2区から衆議院議員総選挙に立候補し当選、以後当選10回を数える。
一時期政友本党に籍を置いたのち政友会に復帰し、1937年衆議院副議長、1939年阿部内閣で拓務大臣として初入閣する。
同年の政友会分裂に際しては太田正孝・犬養健とともに中立派(金光派)を形成する。

淀橋浄水場

カテゴリー 未分類

1898年(明治31年)12月1日通水。原水は玉川上水から引き入れた。
1965年(昭和40年)3月31日をもって廃止。
その機能は東村山市の東村山浄水場に移された。
跡地の再開発計画として新宿副都心計画がスタートし、1960年代後半から京王プラザホテルを皮切りに住友ビル、三井ビル、東京都庁舎など、次々と超高層ビルの建築が進んだ。
現在は新宿中央公園の一角に淀橋給水所が残る。

他のキーワードで検索 »