松平健の偽チラシが出回る

「暴れん坊将軍」などでおなじみのマツケンこと俳優・松平健がキャラクターを務める政府公報の高齢者詐欺防止チラシの偽物が出回っていることが24日、分かったそうだ。被害は確認されていないものの、偽チラシは電話番号などがすり替えられており、詐欺行為を目的としたものとみられる。マツケンはスポーツ報知の取材に「とにかく自分だけで判断せず、周りに相談してください」と被害に遭わないように呼びかけた。
チラシは甲冑を被ったマツケンが「未然奉行」を名乗り、「高齢者詐欺 急増中じゃ!」と高齢者に詐欺被害に遭わないように訴えている政府公報チラシを偽造したもの。政府公報を担う内閣府の広報担当者は「政府公報チラシの偽造は聞いたことがありません」としているという。
内閣府と消費者庁によると、本物のチラシは両面印刷で警告文と消費者ホットラインの電話番号を載せている。昨年9月、新聞の折り込みチラシとして全国約3600万世帯に配布。さらにPDFファイルをホームページ上に公開し、自治体などでの印刷・掲示を呼びかけているという。
一方、偽物チラシは片面印刷。警告文の中身も電話を掛けるように誘導するような内容に変更。実在する「国民生活センター」を名乗り、本物とは異なる番号を記している。
8月に関西に住む70代男性が偽装に気づき、消費生活センターに相談。連絡を受けた消費者庁が偽の番号に電話したが、既につながらなかったそうだ。今月27日までに同庁が把握している中で被害は発生していないそうだが、詐欺に巻き込まれる恐れがあるとして警告している。
偽チラシはカラーコピーなどではなく、PDFファイルを加工したものとみられ一目では判断できないほど精巧に作られているという。より広く頒布させるため、ファイルをホームページ上に公開したのが裏目に出た形だ。誰でもPDFファイルをダウンロードできるようになっているのがよくなかったようだ。今のところ被害は出ていないようだが、本物と一見見分けがつかない偽チラシに騙されてしまうお年寄りがいてもおかしくない。より広く呼びかけ、詐欺被害を未然に防いでもらいたいものだ。