全焼の青根小、中学で入学式

3日に火事で全焼した神奈川県で最も古い木造校舎があった小学校の入学式と始業式が5日朝、行われたそうだ。
相模原市立青根小学校では3日、校舎が全焼したため5日朝、近くの中学校を借りて入学式と始業式が行われた。
「青根小学校の木造校舎が火災に遭い燃えてしまいました。二度とあの校舎で授業ができないと思うととても悲しく、とてもつらいです。また一からです。一から始めましょう、一緒に」と青根小学校の須藤ゆかり校長は話したそうだ。
本来は青根小学校で行われるはずだった式だが、新一年生1人と在校生3人は元気な姿を見せていたという。神奈川県の小学校では最も古い木造校舎があった青根小学校だが、今後、授業は中学校の校舎を借りて行うとのこと。
校舎が燃えてしまったのは悲しいが、新入生、在校生が元気に新学期を迎えることができてよかった。今後、後者の立て直しが行われるかどうかはわからないが、楽しい小学校生活を送ってほしいものだ。