鳥の赤色の謎

日本にいる野生の鳥は、茶色や黒、灰色と無彩色のものが多い印象だが、鮮やかな色をもつ鳥もいる。
この色のうち、嘴や羽を赤色にしていた要素が解明されたという。研究論文がアメリカの科学誌カレント・バイオロジーに掲載された。
それによると、体の色の遺伝子は、解毒作用の遺伝子群に関与しているという。
つまり、よりきれいな赤をもっていれば有害物質に強い体を持っていると繁殖相手にアピールできる可能性があるとされている。
論文は、米ワシントン大学病理学・免疫学のジョセフ・コーボ准教授と、英ケンブリッジ大学動物学部のニック・マンディ氏の共同執筆。
コーボ准教授は「多くの鳥類種では、雄は赤みが強いほど繁殖相手を見つける成功率が高くなる」としている。
カナリアやキンカチョウといった鳥は、「カロテノイド」という黄色色素を生成する種、果物、昆虫などを食べる。このカロテノイド分子を、「ケトカロテノイド」という赤色の分子に変換するものがいる。変換に使われる酵素は、鳥の赤色や黄色の部位を活性化させるそうだ。
マンディ氏は「赤い色を見ること、体を赤に着色することの両方に、同じ遺伝子が関与していることはかなりの驚きだった」と言う。
繁殖相手により強い個体であることをアピールするためのものだったとは。他の色はどんな意味をもつのだろう。

笑点司会の昇太、消去法で決まった

司会者発表のサプライズは番組のクライマックスに待っていました。
3問目の問題が終了したとき、進行役の同局の桝太一アナウンサーから「次の司会者、どうなるんでしょうかね」と尋ねられた歌丸は「発表させていただきます!春風亭昇太さんにお任せしたいと思います!」と直々に後任を指名しました。
加入順では、メンバーの中でも一番日が浅い昇太の抜てきに対して会場からは「え~っ!」という驚きの声が上がりました。
昇太自身も「私もえ~っと思いましたよ」と胸の内を明かしました。
そして、起用理由はまさかの「消去法」だったとのこと。
昨年の末に歌丸から勇退の意向を聞いた日テレ側は後任探しに着手しました。
同局の中村博行プロデューサーは、「大喜利はチームワーク」と内部昇格をすぐに即決しました。
「小遊三師匠のスケベ、そして好楽師匠の面白くない回答、木久扇師匠のおバカ、円楽師匠のインテリ、たい平師匠の体を張った笑い、これは絶対に必要と思いました。その上で、あ、1人いた。この人(昇太)なら、まあいっかと・・・」と冗談めかし、選考の理由を明かしました。