大阪電気軌道

大阪 – 奈良間の短絡を目的に、1910年(明治43年)9月16日に設立された奈良軌道がその起源である。
当初は奈良電気鉄道(後述の奈良電気鉄道とは無関係)の社名を予定していたが、鉄道省から改名要請が出されたために変更された。
同年10月15日、社名を大阪電気軌道(大軌)に改称した。
この頃は1905年(明治38年)開業の阪神電気鉄道に始まった、路面電車を発展させた郊外電車であるインターアーバン(都市間連絡電車)の建設が日本各地で流行している時期でもあり、大軌もその流れの中で設立された。
なお、現在の関西における大手私鉄直系祖先会社の中では、最も遅い発祥でもあった。
元々大阪 – 奈良間の私鉄建設には、単線かつ狭軌の鉄道として3つの出願がなされていた。
いずれもバックに政治家や資本家がいて、裁定もしかねる状態であった。
そのため3つの出願を1つに統合する事が提案され、その結果として奈良軌道の設立に至ったのである。

溝口

溝口には線路名称において田園都市線1路線のみが乗り入れているが、当駅から二子玉川駅までの複々線を利用して田園都市線の列車と大井町線の列車が乗り入れており、それぞれ別路線として案内されている。
そして当駅が大井町線の終点として扱われている。
駅番号についても、田園都市線と大井町線で個別で与えられ、前者はDT 10、後者はOM 16である。
また、当駅は東日本旅客鉄道(JR東日本)南武線の武蔵溝ノ口駅と隣接する乗換駅であり、相互間の乗り換え客も多い。
また、一部区間で連絡運輸の取り扱いを行っている。
両駅及び駅南東側の再開発地区は「キラリデッキ」という愛称のペデストリアンデッキで結ばれており、東口、南口のどちらからでも地上に下りることなくJR駅と往来できる。

永田町の沿革

地名は、江戸時代初期に永田姓の屋敷が並んでいたので一帯が「永田馬場」と呼ばれたことに由来する。
江戸城に近いことからさらに大名屋敷が建ち並ぶようになり、江戸末期に暗殺された井伊直弼をはじめとする多くの大名屋敷があった。
2003年の旧首相官邸改築工事の際には村上藩内藤家の屋敷跡が発見されている。
明治時代には陸軍省などが置かれていて、当時「永田町」といえば参謀本部を指す言葉であった。
1923年の関東大震災を機に現在の霞ヶ関地区の区画再編が行われ、北大路魯山人が星岡茶寮を借り受け「美食倶楽部」の拠点とし、また都立日比谷高校(当時の府立一中)がこの地の「たばこ王」 村井吉兵衛の邸宅跡に移転してくる。
1936年に国会議事堂が完成すると一挙に政治中枢が集中し、「永田町」は「政界」の代名詞になっていったのだった。

ジョージ・バーナード・ショー

ジョージ・バーナード・ショー(George Bernard Shaw, 1856年7月26日 – 1950年11月2日)は、イギリスで19-20世紀に活躍したアイルランド出身の劇作家、劇評家、音楽評論家、優生学者、社会主義者。
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)創設者。イギリス近代演劇の確立者として有名である。
ショーが劇作家としての才能を認められるようになったのは40代であるが、精力的に作品を書き続け、94歳で亡くなるまでに53本もの戯曲を残し、1925年にノーベル文学賞を受賞した。
進取の精神で知られ、新しく世の中に出てくる考え方に対して、ほぼ生涯を通じて賛成している。
反面、次々と新しい思想に飛びつき、思想信条に一貫性がないとの誹りもしばしば受けていた。
ナチスの優生思想への共感、ソビエト連邦や共産主義に関する好意的な姿勢は物議をかもした。

http://www.nobelchermann.com/